RADWIMPSの魅力は"多面性"である。
彼らがこれまで発表した楽曲は一つとして同じものはなかった。ロックバンドとしての枠組みも超越したサウンドの幅の広さは勿論、野田洋次郎(Vo.Gt.Key.)の紡ぐ言葉はアルバムをリリースする毎に全く違うアプローチをして来る。特に2016年にリリースされたアルバム『人間開花』はこれまで野田が否定していた凡ゆるモノへの肯定であり、これからバンドが進むべき道を開示した革新的な一枚であった。

そして 本日リリースされたRADWIMPSのニューシングル『サイハテアイニ / 洗脳』。皆さんはもうお聴きになっただろうか。"二面性"と言うコンセプトで作成されたこのシングルでは収録楽曲のみならず、ジャケットでは1人の少年が《天使》と《悪魔》を演じる事で人間の二面性を表現している。

幾度と無くテレビで流れているキャッチャーで煌びやかなメロディ。「サイハテアイニ」はアクエリアスのCMソングとして書き下ろされた疾走感あるサウンドが眩い現在進行形のRADWIMPSが体現されている楽曲だ。ラストのサビ前で音をぶつ切りにする演出は昨年の大ヒット曲「前前前世」を彷彿とさせる。リズミカルなクラップや掛け声も挿入され実に清々しいロックチューンに仕上がっている。《世界で一番の調味料なにかご存知なの?ズバリそれは空腹です / 要は愛に一番の調味料はもう分かるでしょう?その渇ききった心》最果ての極限まで愛を突き詰めようとする選び抜かれた秀逸な言葉の数々は絶品である。

問題作。いや、まだ大して問題にはなっていないが今後RADWIMPSが活動を続ける中で決して無視できなくなるであろう狂気的な楽曲が「洗脳」だ。「サイハテアイニ」はCMタイアップや先行配信など目覚ましいプロモーション活動があったにも関わらず、こちらの楽曲はリリースまでとうとう公開される事がなかった。大半のリスナーはこのシングルで初めましてをする訳である。野田が昨年『人間開花』のリリース直前に某音楽誌のインタビューでこんな発言をしている。「実際"‘I’ Novel"とかと同時期に作ってた曲で、それこそ仮タイトルが"宗教"っていう曲があったんですけど。それもとてもドキュメンタリーな曲で、宗教にひたすらハマっていく人の物語で」アルバムには収録されなかったが3年ほど前には原型が存在していた。実際その頃に山口智史(Dr.)が叩いていたドラム音源がサンプリングされ「洗脳」には点在している。「宗教」という仮タイトルが付けられていた楽曲は「洗脳」と姿を変え重圧なグルーヴ感で掻き鳴らされる。サウンドも実に奇怪であり不安を煽るのだが、そのくせに言葉が気持ちよく韻を踏み、一定のリズムが刻まれるので自然と呑み込めてしまうのだ。ただ呑んでしまった後の嫌悪感は半端なものではない。"君"から当然のように押し付けられる普遍的な価値観と自分が信仰する絶対的な価値観。その間で 混沌するドロドロの心境を圧倒的な分量で描き出している。

僕と君という2人の人間が対峙した時に生じる違いを素直に肯定したのが「サイハテアイニ」であり、その違いを相手を敵とみなす事で否定した「洗脳」。この二面性を是が非でも堪能して頂きたい。「サイハテアイニ」が中和剤として機能しないほど「洗脳」は汚れきっている。いや、多分その汚れを洗い落とす必要なんて一切ないのだろう。白と黒。表と裏。二面性があるからこそ人間は人間でいられるのだ。(やまだ)



(RADWIMPS「サイハテアイニ」Music Video)


(RADWIMPS「洗脳」Music Video)