2018年10月

RADWIMPSの評価をネット掲示板などで見てみると独創性のある楽曲の世界観が支持される一方で批判的な意見を持つ所謂アンチの存在も目立つ。「BUMPのパクリ」「厨二病」「ボーカルがブサイク」といったコメントが羅列する中で圧倒的に多いのが「歌詞が気持ち悪い」という意見 ...

RADWIMPSの音楽にとって自己認識への問いとは切っても切れない1つの大きなテーマだと僕は考えている。自分とは一体何なのか、生きてる意味とは一体何なのか。そんな人生における本質的で根源的な疑問と常に対峙し続けこれまで吐露されて来た野田洋次郎の独自性に富んだ言葉の ...

↑このページのトップヘ